大嫌いだったピアノの練習

私は、お父さんが、クラッシック好きで、将来私を、音大に入れようと、3歳のときから、ピアノを習いにいきました。
最初は譜面が読めないので、シールを貼ってひいていた記憶があります。
お母さんが付いてきて、ここは、つぶを、揃えて、とか、スラーで、弾くとか、かいて帰ってました。

 

ところが当人は、大のピアノ嫌いで、毎日1時間の練習が、苦痛でたまりませんでした。
ある日、練習をサボると、ちゃぶ台の前に座らされて、大きくなって、どんな人が、見初めてくれるかわからない。
そんな時、お金持ちに見初められたら、女姉妹がいたら、ピアノを必ずならっているから、私にも1曲弾いてごらん言われたときに恥ずかしい惨めな思いになるでしょと、説教され、しぶしぶ習っていました。

 

私の先生は、基本ばかりの練習で、知っている、曲を弾かせてくれません。
発表会のときにどうにか1曲習う程度です。
それで、ソナチネを終了して、ソナタに入ったときに、勉強して、いい大学はいるから、ピアノはやめさせて欲しいといいました。
それで、学校を選んだのです。